Rotary 東京多摩ロータリークラブ
  • ホーム
  • 会長挨拶
  • クラブ概要
  • 新入会のご案内
  • 問い合わせ
  • リンク
クラブからお知らせ Information from Tokyo Tama Rotary Club

小早川 昌稔

2019-2020年度
東京多摩ロータリークラブ
会長 小早川 昌稔

会長テーマ「例会を楽しむ」

私が心から願うのは、世界の平和であります。紛争も貧困も温暖化もない、笑顔が溢れる青い地球です。 しかし無力な私がどれほど願っても、その想いを叶えることは不可能です。 では、私が暮らす日本だけでも国民の全員を笑顔にできないだろうか、できるはずがありません。 東京都民も多摩市民も、町内の住人だって、私の力では変える事はできません。 可能性があるのは唯一、同じ屋根の下に暮らす家族でしょうか。私は四人家族ですが、家人の幸せなら、 主である私の努力で成し遂げることができるかもしれません。笑顔と笑い声の絶えない家庭を作るためには、 私自身が笑顔で明るく振る舞う必要があります。極力そうありたいと家庭内に於けるPKO活動を続けてまいりました。 とても小さな世界ですが、今のところ活動の成果は達成されているようです。 活気ある例会。 皆さんの会社、町内、家庭も含めて、いつもにこやかに挨拶をして、いつも笑顔を振りまき、明るく返事をしてくれる人が何人いますか? 思い出せるのは僅かな人数ですよね。思い当たる人物がいない方もいるのではないですか?誰でもできる笑顔と挨拶。 私は多摩ロータリークラブの会長を務めるにあたり、会員の皆様の笑顔と挨拶、明るい返事をクラブのモットーにしたいと考えています。 それは活気ある例会作りに欠かせない要素だと思うからです。そのためには出席率の向上と会員増強が不可欠です。 たくさんの人が参加する賑やかな例会、それは部外者(お客様や卓話者)が参加されたとき、彼らにどんな印象を与えるのでしょうか。 長い目で見れば、間違いなく会員増強に繋がるものだと信じています。 最後になりますが「火曜日の夜が待ち遠しい」皆さんにそんな思いを抱いてもらえるクラブ作りを心掛けてまいりたいと思います。 ご協力をお願いします。


小暮 知則

2019-2020年度
東京多摩ロータリークラブ
幹事 小暮 知則

幹事就任にあたり

25年前に多摩ロータリークラブに入会以来、あまり真面目ではないロータリアンとして日々過ごしてまいりました。 前年の6月まで会長として忙しい日々を送ってきましたが、今年7月からは3度目の幹事を務めることとなりました。 幹事の仕事は会長の影となって会長を支えて、会長の理想とする姿にクラブを導いていくことだと思います。 小早川会長は楽しいクラブを目指しています。 であれば幹事はその目的に向かって努力していくのみです。 4つのテストの3番目には、「好意と友情を深めるか」とあります。 これを反対側からみれば、好意と友情を裏切ることを慎まなければならないということだと思います。 ロータリーでは「ロータリアンの友情に免じて」という言葉がよく使われます。 私たちはロータリーの高邁な理念の元に集まった人たちが、世界の為に良いことをするために活動する団体です。 その理想を実現するために大きな優しい心でいきたいと思っています。 皆様一年間宜しくお願い致します。

東京多摩せいせきロータリー衛星クラブ