2018/08/16
米山奨学生のご紹介
当グラブは本年4月より米山奨学生の呉 尚 (ゴ・ショウ)さんの世話クラブとなっています。ご出身は中国で、現在、電気通信大学(修士課程)で情報・ネットワーク工学を専攻されています。月に1回の例会出席で当クラブ会員と親交を深めているほか、7月には東京都立狛江高校にて生徒向けに講演を行うなど、国際交流にも一役買っていただいております。

2018/08/06
キックオフパーティー開催
今年度、創立50周年の節目となる当クラブでは、新年度を迎えキックオフパーティーを開催しました。乾杯の後には、各会員が「今年度の豊富」と「ミツバチとの思い出〜名司会者による無茶振り〜」を順番に発表し大いに盛り上がりました。7月に入会したばかりの新入会員から会員暦40年以上のベテランまで和やかな雰囲気の中で楽しいひとときを過ごしました。

2018/08/06
地区ガバナー公式訪問
去る7月25日に京王プラザホテル多摩に、国際ロータリー第2750地区:服部陽子ガバナーをお迎えし、当クラブならびに東京多摩グリーンロータリークラブの合同例会を開催しました。服部ガバナーによる卓話では、地区重点目標・運営方針などについて具体的で分かり易い説明があり、両クラブの会員とも活動の方向性などを共有しました。例会に続いては懇親会が開催され、互いに友好を深める大変良い機会となりました。

2018/07/20
「第14回多摩市中学生俳句大会」実施いたします
2018-19年度東京多摩ロータリークラブ
および東京多摩せいせきロータリー衛星クラブ主催事業

今年で14回目を数える「多摩市中学生俳句大会」を7月よりスタートいたします。
今年も多摩市教育委員会の共催、多摩市の後援をいただくほか、各学校にも事業計画をご案内し参加していただけることになりました。
応募締切りは9月21日、その後選考を重ねて優秀作品を決定し12月に表彰式を盛大に開催、2019年1月には短冊展示会を実施予定です。中学生の若い力があふれる多くの作品に出会えることを楽しみにしております。
青少年育成の奉仕活動として回を重ねた「多摩市中学生俳句大会」につきましては、今回が最終回となります。今年、設立50周年の節目を迎える当クラブは、当事業につきましても有終の美を飾るべく、会員一同力を合わせて取組んで参ります。

2018/05/21
多摩市長阿部裕行氏の例会卓話
当クラブ名誉会員の同氏による卓話が、5月15日例会で行われました。
テーマは「市民の誇りあふれる多摩の創造に向けて」でした。
再選された直後であったので、力強い意気込みを感じました。

2018/05/20
軽井沢を訪ねて
2018年5月11日、当クラブ創立50周年記念事業視察のため、UWC ISAK JAPAN
(ユナイテッド・ワールド・カレッジ・ISAKジャパン)を訪問しました。インターナショナルスクールは全寮制で、世界各国から生徒が学びに来ています。恵まれた環境にある子供だけではなく、特に生きること、教育を受けるという選択肢を許されないところにいる子供に、希望と将来の道を切り開いてあげることが教育の目的ともなっています。
代表者は、元多摩市長渡辺幸子氏のご令嬢で、このインターナショナルスクールを開設するために力を尽くされた小林りん氏です。今は、UWCの支援のもと、海外での大学入学の門戸が広く開かれ、卒業後の良い環境が整ってきたそうです。
 当クラブが、このスクールの教育理念に賛同し、記念事業としてどう取り入れられるか、今後検討して行きます。

2018/05/18
「多摩市少年野球大会」開会式
奉仕活動として今年も後援します
2018年4月1日開会式が行われ参加してきました。

2018/05/17
「第13回多摩市中学生俳句大会」終了報告A
この俳句大会は、国際ロータリー日本財団(ロータリー財団)の補助金をいただいています。10ヶ月に渡る大事業であり、このような継続事業に対しての補助金が認められる例は少なく、当クラブとしても胸をはれることと思っております。
7月からのロータリー新年度では「第14回多摩市中学生俳句大会」が再び実施されます。今回も、多摩市教育委員会共催、多摩市後援をいただく予定です。
来年2019年6月には、東京多摩ロータリークラブは創立50周年を迎え、
同年5月11日(土)に記念式典・祝賀会を開催いたします。
この俳句大会に対し、何かできるかは未定ですが、14回の感謝を形にできればと、クラブ内でこれから考えていこうと思っております。
「第14回多摩市中学生俳句大会」も、中学生の若い力があふれる作品に出会えることを楽しみにしております。例年通り、2018年12月に表彰式、2019年1月に短冊展示会実施の運びになる予定です。
当クラブが目指す青少年育成の奉仕活動として、中学生が俳句という日本古来の文化に接して成長していただくこと、また、地域の皆様への社会奉仕活動として、当クラブの事業がお役に立ちますように、会員一同、力を合わせていくつもりです。今後とも東京多摩ロータリークラブの活動に、ご理解ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

写真は左上:会場風景 右上:多摩市教育長賞 左下:短冊展示会

2018/05/17
「第13回多摩市中学生俳句大会」終了報告@
今回は2829句の応募があり、昨年12月に優秀作品の表彰式、今年1月には短冊展示会を開催、3月には全応募作品を掲載した俳句集「やまざくら」を発刊し、無事終了いたしました。
中学生の皆様、関係者の皆様には、多々ご迷惑をおかけしたと存じますが、中学生の素晴らしい作品があってこそ、この事業が成り立っていることは言うまでもありません。そして、それに関わってくださっている皆様のご尽力がどれほどの助けになっているか、クラブとして感謝いたします。

写真は左上:表彰式入賞者 右上:多摩市長賞 左下:審査委員長賞

2017/12/25
忘年家族会&オークションを開催しました。
2017年12月19日東京多摩ロータリークラブ・東京多摩せいせきロータリー衛星クラブ合同で、ココリア多摩センターのオークラレストランで忘年家族会&オークションを開催しました。両クラブの会員のほか、会員夫人やご家族にも多数ご参加いただき、和気藹々とした時間を過ごしました。また、今年度、3か月ごとに行っている誕生日祝も同時に実施し、10月・11月・12月に誕生日を迎える会員とご夫人に、由井照子会員手作りのとんぼ玉アクセサリーがプレゼントされました。
その後、オークションが、福井康弘親睦活動委員長ならびに衛星クラブのメンバーの進行によって開催されました。毎年恒例となりましたが、今年も各会員が持ち寄った品物の白熱した争奪戦が展開され、予定していた時間が延びてしまったほどでした。
2017年 皆様方どうもありがとうございました。
2018年 どうぞよろしくお願いいたします。

1 2 3 4 >

- Topics Board -